BOOWY0807の意味や内容は?DVD発売や再結成や復活の可能性も!

この記事は6分で読めます

BOOWY 画像

【8月7日の真相判明!】

 

こんにちは、マーシーです。

 

今日は朝から胸熱な情報が!

 

やべーっす!BOOWY(ボウイ)っす!!このファンにとってはこの「Ø」のマークを見ただけでも反応してしまうのに、まさかの「BOØWY」の文字が!

 

1982年のデビューから今年でBOOWY誕生35周年ということで、特設サイトがオープンしたんやけど、そこに現れたのが、さっきの「BOØWY20170807」ってやつとハッシュタグのついた「#BOOWY0807」の文字。

 

こんなもん胸熱&ドキドキが止まらへんやないかーい!もしかしたら再結成!?

 

Sponsored Links

 

 

8月7日に何かが起こる?

「20170807」って書いてあるくらいやから、今年2017年8月7日にBOOWY(ボウイ)関連の何かしらの動きがあるってことやね。

 

35周年記念サイトには

<35>...その数字に、特別な意味はない。
1982年にBOOWYというバンドがデビューしてから、今年で35年が経った、それだけのことだ。
けれども、特別な意味がないにしても、わずか6年という活動期間に過ぎなかったこのバンドが、いまだに影響力を持ち続けているのは紛れも無い事実だろう。
日本のロック・シーンはすでにBOOWY第3世代と言っていい若いジェネレーションが中心となってドライブしているにもかかわらずだ。
であるならば、この35年という数字もにわかにリアリティを帯びてくる。
80年代後半というあのカオスの時代に、日本のロックに確かな実在を示し、あちこちに衝撃という楔を打ち込んだ。
BOOWY以前、BOOWY以降という表現があるが、その一番の違いは、彼らが混沌の地平に明瞭な景色をもたらしたことではないだろうか。
誰もがロックに自分のビジョンを描き、夢を賭けることのできる時代がすぐにやって来たのだから。
だからこそ僕たちは、現在の芳醇なロック・カルチャーを享受することができているのだ。
35年という機会に、彼らのそんな功績を肴に、あらためてBOOWYの美酒に酔いしれるのも悪くない。
懐かしい作品たちが一斉に紙ジャケで再発される。
LAのカッティングで新たな命を吹き込まれたLPもリリースされる。
偉大なアーティストのアニバーサリーってやつは、やっぱり意味があるのだ。
単純な回顧ということではなく、現在のシーンを通してその音楽を再発見することができる、無二のチャンスを与えてくれるのだから。
2017年。また新たな何かが生まれる年になるかも知れない。

BOOWY 35th ANNIVERSARRYサイトより

「また新たな何かが生まれる年になるかも知れない」という言葉が、すげー意味深。何かしらの振りでしかないよなーこれって。

 

とりあえず6月28日に、これまでの発売したBOOWYのアルバムが「紙ジャケ仕様」でリリースされるってことやけど。

 

ちなみに、ボクが一番好きなアルバムはやっぱり「BEAT EMOTION」
さっそく楽天では紙ジャケ仕様のが予約開始されてたでー!

 

 

 

 

BOOWY8月7日に再結成?

BOOWY 画像

再結成に関しては、前からなんども噂されてきたことやけど、今回もBOOWY(ボウイ)の新たな動きに「再結成?」を期待してしまうのはファンとしたら当然のこと。

 

とは言うものの、まずその可能性は限りなくゼロに近いやろなと。

実際ボーカルの氷室京介は去年5月のライブ活動を無期限休止状態。布袋寅泰ら他のメンバーは最後まで氷室との共演を望んでいたみたいやけど、結局は最後の最後までそれは実現することはなかった。

 

まさか35周年のタイミングやからって「BOOWY復活します」なんて都合よくなるわけはないわなと、ファンじゃなくても思うやろな。ヒムロックの耳の調子が劇的に回復するはずもないし。

 

でも、再結成・一夜限りの「GIGS」とでもなれば、チケットの争奪戦がやばいこと!!これは確実。ボクも何があってもライブに行くことは確実。

 

実はこのツイート見た時、一瞬「もしかして、、、ある!?」と思ったけど、現実的に考えたら設営期間が必要やわな。でもファンにとっては、こういうの見て、少しの希望に夢を見るものなんですわな。

 

Sponsored Links

 

映像作品のリリースか?

ボク的には、今回もこれやろなーと思ったのが「未発表ライブDVDの発売」の可能性。

これまでも10周年やら20周年で、映像作品のリリースやったりベストアルバム発売とかあったから「またもや来ました!BOOWY商法!」とファンなら思うはず。

 

とは言うものの、やっぱり買ってしまうのがBOOWYファンの性ってやつですわな。

これまで「LASTGIGS完全版」とか、「CASE OF BOOWY完全版」、解散宣言ライブの「1224」なんかが発売されてきたけど、今回もその流れやろなと思うわ。

 

CDの新譜(新ベストアルバム)やと、インパクトが弱すぎるし、やっぱり今まで見たことのないライブ作品がリリースされたら「まず売れる」の間違いなしやし。

 

8月7日っていう中途半端な日付ってもの気になるところなんやわな。CDやDVDリリースやとしたら、オリコンの最上位を目論むなら、水曜日リリース(実質火曜日発売)の方が都合がいいのに、2017年8月7日は月曜日。まぁBOOWYの未発表ライブ映像やったら、そんな策略なんて関係ないかもしれんけどね。

 

ということは、この「8月7日」という日にちに、重要な意味合いがあるって考えるのが妥当ですわ。BOOWYにとって8月7日とは1987年8月7日の「CASE OF BOOWY」。

横浜文化体育館のライブがまさに8月7日開催やったということ!

、、、てことは、今回BOOWY35周年の目玉企画は「CASE OF BOOWY横浜文化体育館 完全版」これですわ!可能性大やと思わへん?

 

2007年の20周年プロジェクト(こっちは解散から20年ということ。BOOWY利用されすぎ?)の時に「“GIGS” CASE OF BOOWY COMPLETE」としてDVDは発売されているもの。

でもこれって、昔発売された映像作品に未公開映像をプラスした形で、コンプリートと言ってはいるけど、MCがカットされたり2会場(神戸での同ライブ)と映像が入り乱れての編集やったり。「全然コンプリートじゃないやん!」という批判の声も結構上がっていたわ。

 

 

 

これですわ!「CASE OF BOOWY」の完全版がみたいという理由だけで、8枚組のDVDBOXを買わされる(いや買ってしまう)という!さすがBOOWY商法!当然ボクも買いましたけど(汗)

 

今回はそんな2会場でのライブ、しかも不完全版じゃなくて、一会場での完全収録版になるのでは?という予想。結局なんども見た作品やけど、新しい映像が見られるってことで今回もご購入の可能性大、いやボクは買いますけどなにか?

 

もう一つ考えられるのは「JAST A HERO TOUR」の日本武道館公演の映像作品かな?これも未だに正規品としては映像作品が出回ってない(一部は既出部分はあり)。これもやっぱり見たい。

 

ちなみに、1986年7月に発売された本作品のCDは、収録されている曲の大半が同年の7月2日の武道館公演の演奏じゃないやつという事実。オープニングSE含めて5曲以外はツアーの他会場での演奏曲を収録しているという。

ライブアルバムは間違いじゃないけど、一応日本武道館のツアーファイナル音源と言っているんやけどなー。

 

てゆーかBOOWYって、

編集版(曲数削ってある)

完全版(でも完全じゃない)

本当の完全版(それでも編集入ってまーす)

のパターンで1つのライブ作品でも3回売ることができる、しかもリリースするたびに売れるという。BOOWY商法AKBよりえぐいかもです。(でも数年に一度のことやし、そこは多目に見よう)

 

これで、既出映像作品の「デジタルリマスター版」とかいう何が変わったのか分からない作品だったら凹むわ。でもBOOWY関連では、その可能性めっちゃあるからまた怖い。。。

 

【情報追記】

やっぱりぶっこんできました。さすがBOOWY商法。

「20170807」という意味深な数列、その真相は「CASE OF BOOWY」の完全版

 

、、、いやそれすでに発売しているやん?いやいや違うんですで〜!

神戸と横浜の2会場、それぞれの「完全版」を発売するってことよ!「神戸版」「横浜版」ってわけ。

 

これまで発売したものは、この2会場の音源と映像をミックスしたものやから、各単独版としては「初」なんですわw。

しかもライブ映像ならともかく、CD音源としての発売でした。。。8月7日、期待したけど、これだけで終わり?2つとも会場が違うだけで、演奏曲は全く同じっすからね。BOOWYは大好きやけど、BOOWY商法はやっぱ大嫌いやわ。

 

とは言いつつもまだ何かあるのかも?と期待してしまうボクなのです。。。

詳しい情報はBARKSをご覧ください。

 

今日のまとめ

とまぁ、BOOWYの話になると止まらなくなってしまう超絶BOOWYファンのボクであります。

ネット上でも、期待値は高く

 

やっぱりみんなもBOOWYが好きなんやね。再結成や復活ライブはまず無いとは思うけど、小出しで情報解禁されていくことになるやろうから、8月7日までワクワクが止まらない!

 

何があるのか待ちきれないけど、とりあえずBOOWY映像作品の中でも珠玉のライブ映像である

 

「1224」でも見ながら待つことにするかな〜っと。

 

ということで、今日はこの辺で。
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Sponsored Links

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もどうぞ!

榮倉奈々が絶賛!リトルボッコのパジャマって?

リトルボッコ(littlebodco) パジャマ 画像

宇宙戦隊キュウレンジャー出演者まとめ!

奇抜すぎるぞ!人気は出るのか?

管理人のマーシーです。

30代後半のアラフォーオヤジが日々気になったことを綴っています。
色んなことに興味があるミーハーですので(笑)
訪問された皆さんも興味がある記事がありましたら、気楽〜にホッとひと息つきながら読んで行ってください。

お問い合わせはこちら

アーカイブ